ブログやるならJUGEM
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
日清講和記念館・春帆楼(下関)(1)伊藤博文・陸奥宗光胸像
JUGEMテーマ:大河ドラマ

明治28年(1895)3月19日、清国の使節団を乗せた船が亀山八幡宮沖に到着。
日清戦争の講和会議が、下関の春帆楼の二階大広間を会場に繰り返し開かれ、日本全権弁理大臣は、伊藤博文
陸奥宗光、清国講和全権大臣李鴻章を主軸とする両国代表11名が臨み、4月17日、日清講和条約(下関条約)が締結されました。

日清講和記念館




その際、会議で使用された調度品や貴重な資料などが展示されています。

春帆楼




この地はもとは、阿弥陀寺の方丈のあったところで、阿弥陀寺が廃寺となった後、中津藩の眼科医・藤野玄洋が買収して、1877年(明治10年)に月波楼医院を開院。
玄洋の死後、明治14〜15年頃、夫人のみちがこの医院を改装し、旅館兼料亭として、伊藤博文の命名により創業を開始したといいます。

伊藤博文・陸奥宗光胸像






 
 
12:45 伊籐博文 comments(0)
スポンサーサイト
12:45 - -
comment

message :